ファクタリングは売掛債権を売る事が可能

商品を製造してBtoBをしている人はファクタリングを知っておくと便利です。BtoBを使い業者向けに商品を売ったときに売掛債権を売掛先からもらえます。これは代金の代わりとしてもらえるもので売掛債権に書かれている期日になると代金が支払われる仕組みです。小さなお店や小売業者は商品を仕入れてもすぐに代金を支払えない場合があります。こういう事も考えて売掛債権が必要です。

ただ売掛債権をもらった業者はすぐに現金化できないので資金繰りが厳しくなると大変といえます。そういうときはファクタリングを利用して売掛債権を現金化できるので便利です。ファクタリング会社ではクライアントから売掛債権を買い取って現金を融資する、その後期日になると売掛債権を現金化します。

2社間と3社間が用意されている

ファクタリング会社を使うときに知っておくといいのが2社間取引です。これはクライアントとファクタリング会社で取引を行うもので、売掛先には一切通知をせずに売掛債権を買い取ります。メリットはスムーズに現金化できるところですがファクタリング会社としてはリスクが高いため、手数料は高めに設定されているのが特徴です。

3社間取引は上記の2社に加えて売掛先も介入します。これにより債権の回収が約束されるのでファクタリング会社としてはリスクが少ないです。その分手数料は安めに設定されています。また売掛先の信頼にも影響するので、売掛先とのその後の取引に支障が出ないのも強みです。

ファクタリングは金融サービスの一種で、他者が所有している売掛債権を買い取り、買い取った債権の回収を行います。