自分で老後資金を用意するより個人型確定拠出年金

長生きするのは幸せなように感じますが、長生きはリスクの一つともされています。長生きして老後を迎えた時、若い時同様に仕事ができれば問題ありません。しかし体が弱りますし、思考力が低下するかもしれません。仕事を続けたくてもできない可能性があり、となると労働による収入がなくなります。年金もありますが、自分で預金などをして老後に備える必要があります。預金をして老後に備えるなら、個人型確定拠出年金を利用すると良いかもしれません。個人型確定拠出年金でも預金商品が利用でき、自分で行うのと同じように老後資金を用意できます。個人型確定拠出年金だと手数料がかかるものの、それなりの節税ができる可能性があります。手数料よりも節税効果が上回るなら利用価値があると言えるでしょう。

自営業者は国民年金基金と個人型確定拠出年金を比較

サラリーマンや公務員は、国民年金の上乗せとして厚生年金を受け取れます。給料や賞与に準じて計算されるようになっていて、老後資金としてはそれなりの役割を果たしてくれます。自営業者には厚生年金はありませんから、国からは国民年金しか受け取れません。老後の生活のために国民年金以外で用意する必要がありそうです。この時に利用したいのが国民年金基金と個人型確定拠出年金です。国民年金基金は掛金に応じて将来受ける年金が決められています。個人型確定拠出年金は掛金を自分で運用するので、将来いくらもらえるかはわかりません。1か月に拠出できる額は両者の合計で決められます。どちらか一方でも良いですし、一定割合で組み合わせて使う方法もあります。

個人型確定拠出年金を利用すると、所得控除が受けられたり、利率がよく効率の良い貯蓄を進めることができます。