働きながら学べるチャンス

大学を卒業して社会に出たものの、もっと勉強して知識や教養を深めたい、という気持ちが芽生えることは珍しくありません。

そんな時、改めて学校に入り直せる環境にあればいいのですが、せっかく入った会社等を辞めなければならないとしたら、これからのキャリアを築くうえで不利になってしまうおそれもあります。働きながらでも学びの機会が持てるのであれば、それに越したことはありません。

こうしたニーズに応える存在として、人気を集めているのが通信制大学院です。その名の通り、通信教育によって学べる大学院です。

自宅にいながらにして専門学習

通信制大学院は、わが国においては1999年度からスタートした教育制度です。2003年度からは博士課程の設置も認められています。

通信制大学院ではテキストを使った独習をメインとして、テレビやインターネットなどの通信メディアを活用した授業、スクーリングと呼ばれる面接授業等を組み合わせて学習を進めていきます。学習成果はレポートなどで評価されるほか、修士論文・博士論文の添削指導も受けられます。取得できる修士号・博士号は、通学制の大学院と同様の正規の資格です。

さまざまな資格が取得できる

通信制大学院で学ぶ人の多くは、仕事の必要から何らかの資格取得を目的としている人たちです。もちろん純粋に向学心を満たしたいという人も決して少なくありませんが、仕事と勉強を両立させながら必要な知識や技能を身につけたいという例が目立ちます。

具体的な例としては、MBA(経営学修士)や語学・教育などに関する資格が挙げられます。また、福祉や介護に関する入口的な資格を取得して仕事に就いたが、さらなるキャリアアップを目指して上位の資格取得を目指すケースもよく見受けられます。

通信制大学院では、テキストやレポートなどの方法で自宅で学びます。ただし対面授業や論文指導など、スクーリングも設けられています。そのため、スクーリング会場の通いやすさもポイントに選ぶといいでしょう。